ご利用規約

蹴美アート(しゅうびアート)利用規約


この規約は、GRASCA(以下「当方」といいます)が提供する画像制作サービス「蹴美アート」(以下「本サービス」といいます)をご利用頂く際の利用条件を定めるものです。
本サービスをご利用になる際は、必ず本規約をお読み頂き、全ての条項にご同意頂いた上でご利用下さい。
本サービスをご利用された場合には、本規約にご同意頂いたものとみなされます。

第1条(利用の許諾)

1. 本サービス利用者は、本規約の全条項に同意したとみなします。

2. 本サービスは、当方の許諾を得ずに、商用または営利目的で利用することはできません。

3. 当方は、本サービスの運営の全部または一部を当方指定の第三者に業務委託できるものとし、利用者は予めこれを承諾するものとします。

4. 利用者は、本サービスを利用するために必要な利用環境、通信機器、ソフトウェア、電話回線、その他すべての機器設備を、自己責任および費用をもって準備し設置します。

第2条(対価)

1. 利用者は本サービスで画像の制作を発注する対価として、別途定める料金を支払うものとします。

2. 理由の如何を問わず、一旦支払われた対価については返還されないものとします。

第3条(権利の帰属)

1. 本サービスによって制作された全ての画像の著作権は当方に帰属し、日本および各国の著作権法の保護を受けています。
画像に関するいかなる著作権、その他知的財産権も利用者に譲渡されるものではありません。

2. 当サイトの写真画像は写真情報への明記以外、被写体の「肖像権」「商標権」「特許権」「著作権」「利用権」その他の諸権利を有していません。
画像被写体、又はその使用形態により利用者において別途、これらの権利者の使用許諾が必要となる場合があります。
画像制作料金には、これら諸権利の使用許諾料金は含まれていません。

3. 写真画像の被写体のイメージを損なう方法(公序良俗に反する使用、写真の被写体の名誉や信用を毀損する使用や誹謗中傷、その他不法な用途への使用、及び次のいずれかに関わる使用:風俗産業・ポルノ、重大な身体並びに精神的障害や疾病、老化に伴う諸症状、肉体的及び精神的暴力、不妊・避妊・妊娠中絶、性転換・同性愛、ギャンブル、消費者金融、美容外科)での使用することを禁止します。
これらの諸権利に関する紛争 について、当方は一切の責任を負わないものとします。

第4条(個人情報)

1. 利用者は、利用者が登録した利用者情報をプライバシーポリシーに従って当方が利用することに同意するものとします。

2. 当方は、当該利用者情報に関し、利用者のプライバシー保護に十分留意するものとします。

3. 当方は、当該利用者情報について、次に該当する場合を除き第三者に開示しないものとします。
  (1)会員が開示に同意している場合
  (2)クレジットカードの有効性を確認するため、当方と当該カード会社間で会員の個人情報を交換する場合
  (3)法律に基づき、裁判所・検察・警察等から開示を求められた場合

第5条(本サービスの中止等)

1. 当方は、次の場合には本サービスの提供を中止することがあります。
  (1)システムの保守を、定期的にもしくは緊急に行う場合
  (2)天災、地変、その他の非常事態が発生、もしくは発生する恐れがある場合
  (3)その他、当方が本サービスの運用の全部、または一部を中止することが望ましいと判断した場合

第6条(禁止事項)

1. 利用者は、本サービスの利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。
  (1)他の利用者、当方その他第三者の著作権、肖像権、財産権、プライバシー、名誉その他の権利を侵害し、または侵害する恐れのある行為
  (2)本サービスの運営を妨げる行為
  (3)ID及びパスワード等を不正に使用する行為
  (4)コンピューターウィルス等有害なプログラムを本サービスを通じて、または本サービスに関連して使用、もしくは提供する行為
  (5)その他、当方が不適切と判断する行為

2.利用者は、前項に定める行為につき、一切の責任を負うものとします。

3.当方は、利用者が第1項のいずれかの行為を行った場合には、当方の判断により、利用者に対し警告、本サービスの利用停止、利用者登録の抹消、損害賠償請求その他の措置をとります。

第7条(本サービスの利用禁止)

利用者に次の各号の事由が一つでも生じた場合には、当方からの事前の通知なく、利用者に対して本サービスの利用を禁止にできるものとします。
  (1)本規約の条項の一つにでも違反したとき
  (2)支払が不履行になったとき
  (3)本サービスの運営を妨げ、その他本サービスに支障のきたすおそれのあるとき
  (4)利用者情報について虚偽の申請をしたとき
  (5)その他当方が利用者として不適当と判断したとき

第8条(免責事項等・損害賠償の範囲)

1. 本サービスは現状のまま提供されるものであり、本利用規約その他当方が本サービスに関して定める規定等において明示的に定めるほかは、完全性、確実性、有用性、特定の目的への適合性、その他について保証するものではありません。

2. 利用者はインターネットを利用した送信行為が、クレジットカード番号等を含む個人情報の漏洩等の危険性を含むことを十分認識し自己の責任のもとに管理、送信を行うものとし、当方はかかる損害について、一切の責任を負わないものとします。

3. 会員が本規約等に違反したことによって生じた損害については、当方は一切責任を負いません。

4. 当方は本サービスの内容の変更、中止、廃止、その他本サービスの利用により利用者に生じた損害、紛争について、いかなる責任も負わず、一切の損害賠償義務を負いません。

5. 万が一、本規約または法令に基づき当方が利用者に対して損害賠償責任を負う場合、当方が利用希望者に負担する損害賠償額は利用者が当方に支払った金額の合計額を上限とします。

第9条(本規約の変更)

1. 当方は、利用者への予告なく本規約を変更することがあります。本規約の変更は、別途当方が定める場合を除き、本サービスのWebサイトに掲載された時点から効力を生じます。

2. 本規約の変更が効力を生じた後に、利用者が本サービスを利用する際は、変更後の利用規約に対する新たな同意が必要となります。

第10条(通知)

1. 当方から利用者に対する通知または連絡は、登録されたメールアドレス宛に電子メールを送信することにより行い、送信をもって完了するものとします。

2. 電子メールアドレスの変更及び誤字等、当方の定めに帰さない事由により当該利用者に対し通知が到達しない場合であっても、当方は一切の責任を負いません。

3. 利用者から当方に対する通知または連絡・投稿・苦情は、別途記載する住所宛に郵便又はメールアドレス宛にメールにより行うものとします。

第11条(準拠法)

本規約は日本法を準拠法とし、日本法に従って解釈されるものとします。

第12条(紛争解決)

1. 本規約又は本サービスに関連して利用者と当方との間に紛争が生じた場合には、利用者と当方は誠意をもって協議するものとします。

2. 前項の協議による解決が困難となり、訴訟による解決の必要が生じた場合は、その訴額に応じて枚方簡易裁判所又は大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第13条(その他)

この利用規約の一部が法令または裁判所の判断によって違法または無効とされた場合でも、この利用規約のその他の部分は有効に存続するものとします。

2019年1月1日 GRASCA 代表 木村 悟

Share on facebook
Share on twitter